楽天ショッピング わくわく検索

2012年03月07日

チャングムの誓い あらすじ

チャングムの誓いは努力と試練のドラマ。


海賊のかしらに施療したことから、謀反の罪に問われ義禁府に連行されたチャングム。
チェジュドの長ハン・ドンイクは宮廷に、奴婢が海賊と通じていたため敢えて後退し、隙を見て反撃したと報告。


チャングムは裏切り者として取調べを受ける。
同行していたチョンホが報告書の虚偽を暴くも、ハン・ドンイクはオ・ギョモの後ろ盾を得ており、チャングムが敵の大将を治療した事実は否めない。

いつの時代にも盗人に三分の理があるように、チョットしたことを手柄にしたり、ちょっとしたことを盾に陥れるなどあちこちで見られる。
要はそれに屈するかどうかが問われるのだ。


真相は宮中にひそかに広まり、医女たちは「チェジュドの女」の行為に関心を持つ。
医女としてどう行動すべきか、考えあぐねる医女たち。
医女としての心得と、人間のありようの伏線がここにもひかれている。


やがてチャングムは、医女試験に合格し、この場へ戻ることになっていく・・。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。