楽天ショッピング わくわく検索

2012年03月25日

宮廷女官チャングムの誓い

チャングムは医女試験に合格し、宮中で修行を重ねることになるが、そこでも様々な課題、難題が。


チェ女官長の働きかけで、皇太后が中宗に異を唱え、病気の治療を受けないと宣言する。
皇太后は関節炎が悪化しており、また加齢のため、その他の症状があらわれにくく、予断を許さない状況にあった。


中宗は母親を見殺しには出来ないと、皇太后に治療を受けさせるべく、公務は二の次にして、皇太后の機嫌を取り戻すことに専念。
自身も食を絶ち、懸命に懇願する。


今回の騒ぎの矛先が、実は左賛成(チャチャンソン)とチョンホに向いていることを察したチャングム。


また、シン・イクピルとイ・ヒョヌクの因縁にも自分が関与していることから、チャングムは皇太后に賭けを申し出る。


自分が出す謎に、皇太后が答えられればチャングムは命を差し出し、答えられなければ皇太后は治療を受ける、という条件。
皇太后はチャングムの賭けに応じる。


自分の命を差し出すぐらいの決意、意欲がなければ何事も成就しないということは、この世の中にいれば何となくわかるもの。
ただ、誰もそうするのが恐ろしくてできないものだ。


宮廷女官チャングムの誓い

チャングム1 韓国人形

チャングム1 韓国人形



【関連する記事】
posted by yasuucare at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮廷女官チャングムの誓い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。